ユニクロのエアリズム、汗かきには夏気温30度までが限界かと思っている。

汗

ユニクロのブラトップ毎年出ているけど、実は今年はまだ1枚も買っていない。

なんか年々締め付けがダメになってきて。アンダーゴムの。

胸の形とかキレイに見せてくれると思うし、生地もイオンのとかより長持ち(今年初めて買ったのでいつか比較できたら、、)だし、ゴムの締め付けが1日大丈夫な方にはおすすめなんだけどね。

昨年までに比べて値引き辛いし、割高感は否めないね。

さてさて、ユニクロのエアリズムは下着として果たして夏に快適なのか!?

コットンのブラトップとエアリズムのブラトップを数枚ずつ所持して、2014、2015年と真夏にもベビーローテーションして比較してみた私が感じたことは。

これは多汗症の私が感じたことだから、一般的な普通の汗かきの方とは感じ方が違うかもしれないのを先に書いておきます。

ユニクロのエアリズムを涼しく快適に過ごせるのは汗かきの私には気温30度までだった

気温25度まではエアリズムの方が涼しく快適に感じていたことが多い。

気温25度から30度まではコットンもエアリズムもあんまり体感的には変わらなかった。どちらも微妙に暑く感じているというか。肌にピタリとした下着だからかな、、。

気温30度も越えてくると、コットンタイプの圧勝。汗をだらだらかいても生地が吸いとってくれるし、シャツクールをしておけば、ひんやり感じて、やっぱり綿の下着の方が真夏には私にあっている!と感じた。

エアリズムは、化繊のまとわりつきが気になった。汗をだらだらかいても吸いとってくれず、常に気持ち悪い。コットンに比べて汗をそのまま外側の洋服に染みだしてしまいやすい。シャツクールを使っても効きが悪い。

肌の不快度が高い

このように感じて、結局真夏はコットンタイプを着ることの方が多かった。

汗がだらだら出てしまう季節にはコットンタイプのブラトップや下着をおすすめします。

それ以外の季節にはエアリズムが薄くて快適かと思う。

あとエアリズムの良いところは化繊だけど臭くなりにくいところ。

直接肌にあたるものだけに、臭くなりやすい下着は着たくない。その辺ユニクロは良くできています。

あと、普通の汗かきさんで、脇汗が特に気になる場合は、(私は買ったことないけど)脇パッド付きのこのブラトップはなかなか評判がよろしいみたいだから良いのかもしれないと思っています。

ユニクロ エアリズム汗取りブラキャミソール

悪いレビューをはじいたりしていることもあるかもしれないけど、参考までにのせてみました。

汗かきの皆さんを全力で応援しています!

※画像はすべてユニクロ公式からお借りしてます。