汗かき対策服装 生地の凸凹について。涼しいと感じる服。ラバーパンプス感想比較も。

汗

汗かき対策服装、今回は生地のデコボコについて考えたいと思います。

まあ、だいたいもう読む前からおわかりかと思いますが、服の生地が凸凹していたほうが涼しく感じます。

スポンサーリンク
_

汗かき対策服装 生地の凸凹について

凸凹のない普通の生地より、凸凹のある生地のほうが涼しく快適に感じると思います。

何故かというと、ピターっと肌に張り付く方が、空気の通りがないので暑く感じるからです。

凸凹があるということは、生地全体が肌に密着しにくいです。凸の部分だけが肌に触れる状態です。

わずかですが、凹の部分に空洞ができます。

それが、凸凹のない生地との違いです。

凸凹のある生地の例

ワッフル

 

楊柳

 

サッカー

 

全てではありませんが、上のような生地が凸凹のある生地です。

上記の生地でも涼しく感じるかどうかは、服の形、ゆとり、素材などでも変わってきます。

ちょっと番外編になりますが、例えばラバーパンプスなんかもそうなんです。

ラバーパンプス 比較 涼しい方はどっち?

画像はイーザッカマニアストアーズさんからお借りしました。

どちらもメッシュで通気性の良いラバーパンプスですが、考えてみましょう。

こちらのラバーパンプスと、

こちらのラバーパンプス

どちらが涼しいと思いますか?

答えは、下のロープメッシュラバーパンプスです。
(下の比較画像だと)

サイズが大きいから、じゃないですよー。

足の裏が触れる部分が凸凹になっているのが、涼しいポイントなんです!

私、上のラバーパンプス2つ、イーザッカさんではないですが、試着で履き比べてみたことがありまして。

裸足でですが、足の裏に当たる部分が真っ平らのものより、凸凹しているラバーパンプスの方が断然心地よさが違いました。

空気の通りがあるし、足裏にベターっとひっつかない!ので、不快感がなかったです。

もちろん、凸凹のほうを買いました。この夏も近所に行くにも、水場に遊びに行くにも重宝することと思います。

なので、足裏の汗も出やすい方、裸足で履きたい方、ラバーパンプスならこの凸凹のあるものがおすすめです!

ただ、靴なので、ネット通販だと、サイズ感等つかみにくく失敗することもあるかと思いますので、できたら販売店を見つけて実際に試着してみることをおすすめしたいです。

服でも、靴でも、凸凹のある方(そして通気性のある方)が、肌に張り付きにくく、涼しく感じやすいと記しておきます。

この服装対策のざっくりとしたことは一旦今回で終了としたいと思います。

涼しいと感じる服の解説なんかは今後も随時続けていけたらと思っています。

いよいよ蒸し蒸しする季節が近づいてきました。汗かきの皆さん一緒に頑張っていきましょう!

スポンサーリンク
_

コメントを残す

サブコンテンツ