多汗で脇汗すごかったけど、オドレミンで止まったよ。脇汗の悩みから解放された。

汗オドレミン

もっと早くからオドレミンを知っていたら、脇汗の悩みも、もっと前から解消されていたのにな、、。

でもあの悩みから解放されたことは本当にハッピーなことだ。

もし多汗症で、常に脇汗が気になり、洋服にシミがものすごく目立つ、意識すればするほど脇汗が出てしまう、って本気で悩んでいる人にも、オドレミンはおすすめです。

少なくとも私はそれで、長年の脇汗のダラダラの悩みは解消しました。

スポンサーリンク
_

脇汗に関しては、洋服が悩みだった。

だって、前から見てもわかるくらい、脇をあげなくてもわかるくらい、脇汗が出てくるんだもん。

手汗と同じで精神的な発汗だった気がする。特別暑くなくても、脇汗はびっしょり。

着られる洋服限られるでしょ。どう考えても。

無地のグレーのTシャツとか着てみたら、公開処刑だよ。

地中300mくらい穴掘って逃げたいよ。

脇汗パッド?

あんなもん、私の脇汗の水分量ですぐ外れるわ!
脇からポロリとパッドが見えてる情けなさ!
やるせなすぎる、!

脇汗対策の下着?

あんなに脇がモコモコした下着、、、

買ってみたら良かったの?

ごめん、買ったことない。

若かった自分には、まだ当時普及し始めたパソコン文化の検索も思い付かず、悩んでいたけど、誰にも言えず、対策の商品の存在も知らぬまま。

オドレミンとの出逢い

そのままのある日、アットコスメの口コミでオドレミンを知ったのだ。

それまでは、脇汗が目立たない柄の服や、黒やらを身につけていた。おしゃれは好きだったけど、かなり制限されていた。

だって脇汗って目立つもん。
本当は目立ちたくないんだもん。

オドレミンの書き込みには賛否両論あった。

かぶれたり、かゆかったり、、だけど、救われた!汗が止まった!って人もいた。

え、今まで薬局に売っている、どんな制汗剤でも汗なんて止まらなかったよ?

だけど、1000円くらいの出費なら、失敗でも痛くない!
藁にもすがる思いで買ったんだ。

偶然、勤め先の近所の薬局に置いてあってね。

オドレミン。
昨日の手汗の記事でも使い方書いたけど、私の当時の脇汗への使い方はこんな感じだった。

オドレミン脇への使い方

風呂上がりの脇にオドレミンをドバドバ出したものを塗りつける!

これでもか!と。

とくにラップしたりとか、そういうのはなし。

塗りっぱなし。
汚れても良いTシャツみたいなものをパジャマにして。

暑くて毛穴が開いて汗ドバドバ出ている状態に塗り込むほうがより効く気がする。

毎日塗り続けた。

オドレミンを配布後の脇

脇の皮膚がキュッとして、ヒリヒリ、かゆみも少しあった。

だけど、手応えは感じていた。

今までの制汗剤とは違う感じ。

塗り始めて、割とすぐ、脇汗が出なくなったと感じた。

一週間くらいであのダラダラ状態が気にならなくなったように記憶。

すごく嬉しかった、気持ちも軽かったのを覚えている。

止まっていた状態でも更に毎日オドレミンを脇に塗り続けた。

また効果が切れて、脇汗がダラダラになるのがこわかったんだ。

かゆみもあったけど、私は耐えられた。ずっとじゃないし、脇汗ダラダラよりマシ。

そんなこんなでも何本オドレミンを使ったか覚えていない。

夏も冬も脇汗はかいていたのに、それを気にする毎日は終わった。

汗かきにはかわりないけど、脇がずっと湿った状態がないだけで、だいぶ晴れ晴れとした。

いつだったか、ふとオドレミンを使用しなくても大丈夫だと気付き、そこからもう何年も、脇に関しては使用していない。

オドレミン脇使用を止めた現在

オドレミンを脇に使わなくなって数年、今頃になって少しにじみ出る?くらいの感覚の時は出てきたが、あのダラダラはなんだったの?ってくらい、ほとんど脇汗を気にしない生活。

あのダラダラの脇汗を知っていれば、ほんのちょっとの脇汗の湿りはもはや脇汗ではない!
それくらいの違い。

たまに気になる時はチョロっとオドレミンをつけるだけで大丈夫。実際、脇にはほぼ使ってない。

一年に3回も塗ってないが、脇汗について悩まなくなったよ。

脇汗を本気で悩んでいる人、私は何かあっても責任とれないから、自己責任でお願いなんだけど、こんな私の脇汗でも止まったってことで、個人的には本当にオドレミンおすすめだよ。

当時は脇汗が止まったことに感動しつつ、頭が堅くて、脇限定の考え方していたんだけど、昨年からは手汗、顔汗、首汗など、私は体中にオドレミンを使用してました。

また別に書くけど、今や私の中でオドレミン万能だと思っているから。作ってくれて販売してくれてありがとう!って本気で思っているよ。

本気で悩んでいたら是非一度オドレミン試してみて。

スポンサーリンク
_

コメントを残す

サブコンテンツ