汗かき(多汗症と手のひらの汗)と遺伝。私の場合。

汗

汗かきは遺伝するのか?

多汗症、手のひらの汗。

私の場合を話してみようと思う。

スポンサーリンク
_

汗かき 多汗症 手のひらの汗の遺伝について 私の場合

私はこんなサイトをやっているくらいなので赤裸々も赤裸々にぶっちゃけて究極の汗かきである。

なんの自慢にもならないが。

汗かきの人の気持ちがわかるという点だけは、超スペシャルメリットである。

さて、そんな私の両親はというと。

父、それなりに汗かき。しかも手のひらが(足の裏も?)レベル1、2程度の湿り気あり。

母、かなり汗かき。顔頭、上半身がポタポタの汗かき。しかし手のひら足の裏はカラッカラに乾いている。

こんな二人から生まれた私は、二人の汗の悪いところを持ち合わせた究極の汗かきサラブレッドに生まれてしまった!

なんだそのサラブレッド!嫌だわ!凹むわ!

手のひらは湿り、(しかも父よりひどく)、上半身も下半身も汗かき。顔頭も。

湿度にえらい弱く、気温が低いのに汗ボタボタ。

生理前高温期なんて不快すぎて体脱ぎ捨てて骨だけになりたいわ!なくらいだわ。

両親の悪いところを更にグレードアップした私。

しかも、メンタルが弱いのか、汗を気にしてしまう性分。

うちの母なんて昔は、汗だらだらかいて、無地の服に汗ジミ作っていても、汗なんて皆かく汗かくのはいいことだ!誰も気にしていない!

と、本人があまり気にしていなくて、私の気持ちをなかなかわかって貰えなかった。

そんな母も汗のおかげで試着室は嫌だったようだし、恥ずかしかったこともあるようだ。

信じられないが、その母が60を過ぎてから、汗ジミを気にし始めた。

遅いわ!!と思ったが、母も成長したのか、弱くなったのか。

でも羨ましいのは母は手のひらはサラサラなこと。

私も汗かきでも手のひらがサラサラならまた違った人生だったかもと思う時がある。

父は手のひら湿っていても、私ほどではないのか、堂々とした人生である程度の社会的地位までいったので、そこまでのハンデではなかったのだと、思う。

汗について語りあったことがないのでなんとも言えないが。

もしかしたら!ものすごく努力したのかもしれないし。

そして、遺伝の面白さよ。

私には妹がいるが、妹はそれほど汗かきじゃない!

むしろ、私が羨む、普通の人間だ。

汗だらだらなところをほとんど見たことない。手のひらもサラサラだと思う。

同じ両親から生まれても、体質はそれぞれ!本当に不思議だな。

次回は私の子供への遺伝、思いについて。

暑くて汗で嫌になりそうな時も、私は汗かきさんの味方だぞ!皆一緒に頑張ろう!!

スポンサーリンク
_

コメントを残す

サブコンテンツ