全然温かくないのにパッと見温かそうに見える服で何食わぬ顔で過ごす。

汗っかき

家ではちょっと肌寒い。

朝晩なんて冷えてきた。

外出先、室内、一人で暑かったり。緊張するとポッポきたり。

同じ女性なのに、色々な女性がいるよね。

何がって、服装が。

片や、厚手のパーカーにジャケット、スキニーパンツ、防寒バッチリなのにまだまだ寒そうな女性、

片や、ブラタンクトップに綿のカーディガンに、薄手のワイドパンツの私、、それでも全く寒くない、むしろ何か緊張して手汗をかきつつ、。

スポンサーリンク
_

同じ場所、同じ室内での服装です。

こんなに様々とはな!!

冷えはもちろん良くないのはわかってる。けど、これからの秋冬、暑い!汗だらだらよりましだ!夏以上にものすごく変な目で見られるからな。

そりゃそうだ、あんな厚着してるのに寒そうな人種からしたら、天然記念物見てるみたいな気持ちになるに違いない。

完成なる負けである。何で勝ち負けなんだかわからんが。

世界の眼差しが逆さまであったなら、私のような汗かきは完全に勝ち組なんだがな!←だからなんの勝ち負けか、、、!

そんな私の汗かき思考的な秋冬の服装のごまかし方。

え!そんな格好で寒くないの!?みたいな第一印象を煙に巻きたい

なんでかわかんないけど巻きたい。

でも暑いのは嫌。

基本的には薄着だけど、パッと見、ほんの一瞬温かそうに見えるようにごまかしている、、つもり。

例えば、こちらのコーデ。

汗コーデ

この日は人様だと上着を着ている気候だが、私はあえて着ず。

首に黒のストールをまいているが、このストール、全く温かくない!

多分冷え性の人が身につけたら詐欺だ!と騒ぐレベル。それが、私には重宝。

巻かないより巻いていたほうがもちろん温かく感じるが、温か素材のストールと比べると保温力の無さは雲泥の差なので、そこが私にちょうど良い。

暑かったりしたらすぐとってしまえるし、だけどストールをふわっと巻いていれば、なんか寒そうにも見える(気がする)。

薄手のニットも暖房下では大活躍!薄着万歳!

パッと見をごまかせるように、暑がりなりの工夫、、。苦労するよなあ、、。

しかも家じゃ寒い寒い言ったり、暖房ですぐ暑くなったり、、。変温動物か!と。

ああ、「寒いの?」とか言って、彼氏にジャケットをかけてもらう、しかも華奢だからブカブカ、、みたいなシチュエーションに憧れるぜ!(まず、、体格から無理だ、生まれかわったら期待するか!)

スポンサーリンク
_

コメントを残す

サブコンテンツ