オドレミンで手汗を止める実験報告。2ヶ月経過。

もうかれこれオドレミンを手に使用して、2ヶ月くらいになりました。

途中効いているのをいいことに、オドレミンを塗ることをサボってしまいまして、元のひどい手汗には戻りませんでしたが、レベル1.5くらいになる時もたまにありました。

猛暑日とサボりと手汗の関係

猛暑日が続いたこの夏、その前くらいからほぼ手汗がないのが定着したのもあり、さぼっていたのが良くなかったです。

猛暑日の時はサボりの影響もあり、やはり手汗もでましたね。これはいかん!と思い、2日連続きちんと就寝時塗って手袋して寝たらやはり少し効果ありで、やっぱり35度以上の時がきそうなら油断しないで、夏は続けていかないとな、と実感しました。

暑いのでダルいし、手袋して寝るのも暑苦しくてやりたくないけど、やればちゃんと効果があります。偉いですオドレミン。

塗る間隔をつかみたい

3、4日塗らないで、1日塗ってみたいなやり方だと、私の場合また手汗が気になるみたいだ。気温が異常に高かったせいもあるかもしれない。

ただ、前みたいに毎日使い、2週間くらい経つと良くオドレミンが浸透した部分がカサカサに手荒れするので、使ったり、休んだりのペースを掴む必要があるなと思った。

季節と気温との関係でも変わる気がするので、随時報告したいと思っています。

実験前より効果は明らか!

多少手汗が戻ったと言っても、オドレミン実験を始める前より手汗は少ない状態はキープされている!
これからも使っていくぞ!

そして冬の暖房で汗が出る私の手汗、顔汗はどうなるか、年間通じてレポートするつもりだよ!

スポンサーリンク
_

コメントを残す

サブコンテンツ